アトピーホホバオイル

アトピー敏感肌スキンケアにホホバオイル

もっと早くホホバオイルを使ってればよかった!

 

 

アトピーの症状を改善する上で重要なことは不規則な生活やストレス、乱れた食生活や不潔な住環境を避け、十分な睡眠時間を確保することです。その上でアトピーの肌に合った最適なスキンケアを行い、自身の免疫力、肌が本来持っている力を高めることによりアトピーの影響は最小限にできます。

 

アトピーの様な炎症が起きやすい皮膚のスキンケアにおいて、バクテリアやアレルギーの原因となる異物の侵入を防ぐ皮膚のバリア機能を回復させることがとても重要です。
生産効率を上げるため加熱処理で精製されたホホバオイルは、ビタミ ンなどの有効成分が壊れてしまっていますが、非加熱のコールドプレスで抽出された鮮やかな金色のホホバオイルは、天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが豊富に含まれており、これらは肌の代謝を促します。
また、黄色ブドウ球菌がアトピーの炎症を起こす大きな原因のひとつであると言われていますが、ミシガン大学、ポートエリザベス大学製薬部のホホバオイルの反バクテリアに関する研究データに非常に興味深いものがあります。
ミシガン大学のテストでは、「カンジダ菌、ブドウ球菌アウレウス(黄色ブドウ球菌)やシュードモナス菌を含む、一般的な皮膚に悪影響を及ぼすバクテリアのうちの5つが、ホホバオイルの中で生き残ることができない」ことを明らかにしました。
ポートエリザベス大学で、ホホバオイルのバクテリア破壊力を研究したところ、「ホホバオイルはブドウ球菌やシュードモナス菌を1時間15分以内に破壊した」ことを発表しています。

 

これらの大学の研究で知られているとおり、ホホバオイルは、アトピー肌のスキンケアにおいて理想的なオイルなのです。

 

 

 

 

敏感肌やアトピーなど、デリケートな肌の方は普段のスキンケアにはとても気を使います。無添加化粧品でもピリピリと刺激を感じたり肌がかぶれてしまうとお嘆きなら、ホホバオイルを使ってみましょう。

 

ホホバオイルは天然の植物から抽出されたオイルですから、敏感肌やアトピーを悪化させるような刺激のある成分は入っていません。安全性が高くアレルギーを引き起こしにくいオイルですから、安心して使えます。

 

肌を柔らかくするエモリエント効果がありますから、バリア機能が弱くなって固くなった肌には効果的です。また、傷ついたバリア機能の代わりをしてくれますから、外から異物が入り込みにくくなります。

 

敏感肌の方などはこの外からの異物に肌が反応して肌荒れなどを引き起こしますが、それが軽減されますから肌の回復が早くなります。

 

肌の保護をすると共に水分の蒸発を防いでくれますから、保湿効果も抜群です。スキンケアの最後に薄くホホバオイルを伸ばしてあげると、乾燥を防いでみずみずしい肌を保つことができます。

 

敏感肌の方は角質層が傷ついていてターンオーバーが乱れた状態です。育ちきっていない未熟な角質が表面に出て来ている可能性があり、しっかりと肌を守ることができません。

 

そんな乱れたターンオーバーを正常化してくれますから、しっかりと角質が育つようになり、肌の保護機能も高まります。不要となった角質は自然とはがれ落ちてくれますから、少しずつ肌がきれいになっていきます。

 

植物性のワックスエステルを含んでいて、元々肌にある皮脂に似ていますから、とても肌なじみがよく刺激がありません。保湿力が高いのもホホバオイルのワックスエステルのおかげです。

 

スキンケアに活用するなら、最後のクリーム代わりに薄く肌に伸ばす方法と、スキンケアの一番最初に使用する方法があります。

 

肌の柔軟性を高めてくれますから、洗顔後の肌に使うことで化粧水などの浸透が良くなり、肌の水分量をアップするのに役立ちます。

 

その他、全身どこにでも使用できますから、自分のニーズに合わせて使ってみましょう。

 

 

 

ホホバオイルクレンジングはこちら