ホホバオイル妊娠線

ホホバオイルで妊娠線ケアができた体験談

一人目妊娠中は、妊娠線ケアについて考えたこともなくって、気づいた時には胸やお腹、太ももに薄っすらと引っ掻き傷のような妊娠線が出来ていました。

 

妊娠中は、真っ赤になって目立っていましたが、出産後は徐々に薄くなって、良く見ないと分からないくらいには戻ったのですが、まったく見えないわけではなくて消えてくれない妊娠線に悩んでいました。

 

次に出産する事があったら、その時はしっかりとケアしようと決めていたので、二人目を妊娠した時は妊娠発覚と同時に妊娠線ケアを始めました。

 

妊活中から妊娠線ケアにいいものを探していて、クリームやジェルなど色々なものをチェックした中から選んだのがホホバオイルでした。

 

ホホバオイルには、皮膚を保護しながらお肌の酸化を防いで、お肌を綺麗にしてくれるビタミンEやビタミンAがたっぷりと入っています。

 

もともとの肌質が乾燥肌なのですが、ホホバオイルを使ったボディケアに変えてからは、粉吹きもなくなりましたし、艶も保湿も完璧で乾燥に悩む事もなくなりました。

 

オイルなのでローションタイプのものと比べると、もちろんべたつきは感じられますが、ベタベタが続くことはなくて、少量ですーっと伸び広がり、お肌にしっかり浸透してくれます。

 

ホホバオイルは、ボディだけでなくスキンケアにも使えるので、化粧水や乳液を使ったスキンケアの後にホホバオイルを塗るフェイシャルケアもしていました。

 

ホホバオイルでスキンケアするようになってから、額や目じりの溝も浅くなりましたし、夜塗ると朝まで潤いが続いて、お肌の状態も安定してくれました。

 

ホホバオイルで妊娠線ケアやスキンケアをしている女性が多い事から、最近では薬局などでも販売されていますし、ネット通販ではお手頃価格で売られています。

 

妊娠発覚からホホバオイルでしっかりケアしたおかげで新たな妊娠線が出来る事はなかっただけでなく、元々あった妊娠線まで薄くなりました。

 

塗った後の艶や潤い、お肌が安定する感じを気に入っているので、出産後もホホバオイルを使って顔から全身に掛けてのケアをしています。

 

 

シアバターニキビ跡への効果