ホホバオイル日焼け

ホホバオイルで日焼けや紫外線対策ができる!

日焼けや紫外線対策にホホバオイルがいいって知っていますか。
何となくオイルを塗ったらより肌が日焼けしてしまいそうなイメージですよね。
でも、意外と知られていないのですが、ホホバオイルが日焼け肌に効果抜群なんです。

 

ホホバオイルの主成分はワックスエステルと呼ばれる成分で、このワックスエステルは人間の皮脂に近い成分です。
このため、ホホバオイルを肌に塗ると、皮脂の代わりに皮脂膜となって肌バリア機能の働きをしてくれます。
この肌バリア機能によって、肌の水分が逃げてしまうことを防いでくれるので、水分不足をケアして乾燥肌を守ってくれるのです。

 

そして、日焼けをしてしまった肌は、水分が蒸発してしまってやけどをした状態になっています。
日焼けをしてしまった肌にホホバオイルを塗ることによって、ホホバオイルが肌をバリアしてくれるため、水分不足をケアし、炎症や痛みを抑えることができます。
また、ホホバオイルにはビタミンEも豊富に含まれており、このビタミンEの抗酸化作用によって、日焼けによるシミやシワの発生も防いでくれます。

 

ホホバオイルの肌バリア機能は、紫外線対策も期待できます。
日差しの強い時期の紫外線量から完璧にUVカットをすることはできませんが、日常の生活において紫外線対策としては利用することができます。

 

また、日焼け止め化粧品は肌なじみが悪く、肌荒れの原因となってしまうこともあって、敏感肌の人には苦手だという人も少なくありません。
そんな方には、ホホバオイルを一度肌に塗ってから日焼け止め化粧品を使用することをおすすめします。
ホホバオイルの肌なじみの良さと肌バリア機能で、紫外線だけではなく日焼け止め化粧品の刺激からも肌を守ってくれるはずです。

 

ホホバオイルは天然オイルであるうえに、皮脂に近いことから、とても肌への浸透が良く、脂性の肌タイプの方の皮脂を抑制し、乾燥肌タイプの方の皮脂分泌を促進させてくれる、どんな肌タイプの方でも安心して使用することができるオイルです。
肌ケアに何か物足りなさを感じたり、肌が弱くトラブルが起きやすかったりしたら、ぜひ一度ホホバオイルを毎日の肌ケアに取り入れてみて下さい。

 

 

アルガンオイルとアトピーの関係